ホーム
弁護士紹介
事務所概要
相談・依頼
顧問弁護士について
アクセス
平田元秀ブログ
吉谷健一ブログ
topics
留置場での一般面会日・時...
簡易裁判所の訴訟手続に関...
読者のお便り
「ぼんやりとした無力感」...
平成28年8月8日と現代...
一覧へ
CATEGORY
  弁護士の小話
  過去のニュース
  平和
  裁判例watching
  消費者問題
  司法のあり方
  刑事弁護・刑事裁判
  司法修習生の方へ
  民事弁護・民事裁判
  【法律相談】
  お便り
logo
管理画面へ
blog
【法律相談】賃貸住宅の退去時における原状回復について  ( 【法律相談】   【不動産】 ) 2013/08/01
 賃貸住宅・賃貸マンションの退去時には,賃貸人(管理会社)と賃借人との間で生じるトラブルには,いくつかの類型的なものがあります。
 敷金・保証金の返還,原状回復,管理業務をめぐるもの等がこれにあたります。
 この点については,
【裁判例】として,次のものをまず踏まえておく必要があります。
 最判平成17年12月16日(通常損耗負担特約の有効性)
 京都地判平成20年4月30日(定額補修分担金特約と消費者契約法10条問題)
 最判平成23年3月24日(敷引き特約と消費者契約法10条問題)
 最判平成23年7月15日(更新料と消費者契約法10条問題)
 その上で
【主務省の指針】として
 国土交通省の出している
 原状回復をめぐるトラブルとガイドライン(再改訂版)-平成23年8月
 http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk3_000021.html
を参酌しながら,相談対応にあたるのが当面適切であると考えられます。

(平田元秀wrote)