ホーム
弁護士紹介
事務所概要
相談・依頼
顧問弁護士について
アクセス
平田元秀ブログ
吉谷健一ブログ
topics
大阪高裁平成20年9月2...
「バテレンの世紀」と「潜...
留置場での一般面会日・時...
簡易裁判所の訴訟手続に関...
読者のお便り
一覧へ
CATEGORY
  弁護士の小話
  過去のニュース
  平和
  裁判例watching
  消費者問題
  司法のあり方
  刑事弁護・刑事裁判
  司法修習生の方へ
  民事弁護・民事裁判
  【法律相談】
  お便り
logo
管理画面へ
blog
I do believe we were wrong. エド ミリバンドの言葉。  ( 平和   ) 2010/10/14
"I do believe we were wrong. Wrong to take Britain into war and we need to be honest about that," he said.

イギリスの労働党の新党首エド・ミリバンドが9月下旬の労働党大会(レーバーパーティカンファレンス)で語った言葉です。

労働党の新党首は,私は私たちが間違ったと確信する。イギリスをイラク戦争に引き込んだのは間違いだった。そしてそのことについて私たちは正直でなければならない。と,そう語ったのです。

歴史的な意義を持つ発言です。
彼を当選させることのできるイギリスの国民(労働党内の選挙であるにせよ)の力量に敬服を覚えます。

日本と欧米と。
まだまだ日本の民主主義の成熟度は彼らには及んでいないと言うことか。
それとも,もう少し違う形で表れるということかもしれないが。