ホーム
弁護士紹介
事務所概要
相談・依頼
顧問弁護士について
アクセス
平田元秀ブログ
吉谷健一ブログ
topics
大阪高裁平成20年9月2...
「バテレンの世紀」と「潜...
留置場での一般面会日・時...
簡易裁判所の訴訟手続に関...
読者のお便り
一覧へ
CATEGORY
  弁護士の小話
  過去のニュース
  平和
  裁判例watching
  消費者問題
  司法のあり方
  刑事弁護・刑事裁判
  司法修習生の方へ
  民事弁護・民事裁判
  【法律相談】
  お便り
logo
管理画面へ
blog
消費者庁が消費者行政強化プランを策定・公表  ( 過去のニュース   ) 2010/02/12

消費者庁が,2月9日に地方消費者行政強化プランを策定・公表しました。
http://www.caa.go.jp/region/index.html
当面3年間(平成21~23年度)を中心に、主要テーマごとに、
1.地方公共団体への期待や、
2.消費者庁としての取組み、
等を示した「地方消費者行政の充実・強化のためのプラン」を策定。
 消費者行政活性化に関する全国各地の意欲的な取組みの事例を「先導的な取組み事例集」として掲載しています。
 このなかで,兵庫県の取組みとして,県弁護士会と協働して、県民の消費生活を支援する「ひょうご安心サポートシステム」のことが紹介されています。
 兵庫県では以前から「消費生活相談支援専門家制度」により弁護士等の専門家を登録し、事例検討会での助言や、電話、面談等による随時助言を踏まえ、あっせん解決に努める取り組みが行われてきました。これをより制度的にしたのが「ひょうご安心サポートシステム」だというわけです。
 県内の個々の消費者弁護士と県消費者行政とのパイプを基礎にしながらも,より制度的に県弁護士会の選任した担当弁護士が,支援を行うこと,さらに,弁護士,相談者,県による三者面談(場合によっては、事業者も含めた四者面談)を実施して,あっせん解決を図る取り組みを行うことが特徴といえます。