ホーム
弁護士紹介
事務所概要
相談・依頼
顧問弁護士について
アクセス
平田元秀ブログ
吉谷健一ブログ
topics
大阪高裁平成20年9月2...
「バテレンの世紀」と「潜...
留置場での一般面会日・時...
簡易裁判所の訴訟手続に関...
読者のお便り
一覧へ
CATEGORY
  弁護士の小話
  過去のニュース
  平和
  裁判例watching
  消費者問題
  司法のあり方
  刑事弁護・刑事裁判
  司法修習生の方へ
  民事弁護・民事裁判
  【法律相談】
  お便り
logo
管理画面へ
blog
韓国の人口ピラミッド  ( 弁護士の小話   経済・社会 ) 2010/07/09
今日,神戸新聞に韓国の自殺率が世界一(日本は世界3位)との記事が掲載されていました。
関連して気になったので韓国の人口構成(人口ピラミッド)についてググってみましたら,ちょうど,日本との比較で出ているものが見つかりました。
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/8900.html

↑2000年の統計で比較されています。

以下,引用です。
「 日本でも20歳代後半の人口は団塊ジュニア層としてかなり人口の多い層を形成しているが、最も多いのは、団塊世代の50歳代前半であり、それ以上の年代の人口も韓国とは比べものにならないほど多い。

 高齢化比率(65歳以上人口比率)でも韓国は7.1%と日本の17.3%と比較して非常に若くなっている。」

「 こうした人口分布上の特性から、日本では団塊の世代以上が、引退する人も多くなっているものの、なお、現役世代として企業や官僚組織、各種団体で大きな力を有していると考えられるが、韓国では、これらの世代の数的なウェイトは比較にならないほど小さいため、30歳代~40歳代の中堅世代にかなりの程度社会の実権が移行しているのではないかと想像される。」


とても興味深い指摘です。