ホーム
弁護士紹介
事務所概要
相談・依頼
顧問弁護士について
アクセス
平田元秀ブログ
吉谷健一ブログ
BLOG
大阪高裁平成20年9月2...
「バテレンの世紀」と「潜...
留置場での一般面会日・時...
簡易裁判所の訴訟手続に関...
読者のお便り
一覧へ
CATEGORY
  弁護士の小話
  過去のニュース
  平和
  裁判例watching
  消費者問題
  司法のあり方
  刑事弁護・刑事裁判
  司法修習生の方へ
  民事弁護・民事裁判
  【法律相談】
  お便り
logo
管理画面へ
blogbar
未公開株・社債等詐欺と改正金商法 (2011-08-06)
消費者契約法上の断定的判断の提供と故意の事実不告知との関係(最判平成22年3月30日) (2011-06-19)
野村證券の仕組債の売買契約を錯誤無効とした裁判例(大阪高裁平成22年10月12日) (2011-02-19)
劇場型未公開株商法被害での被害者勝訴判決(東京地判平成22年6月28日判時2088-97) (2010-11-14)
クレジット会社の不適正勧誘取引への与信防止義務,過剰与信防止義務を明示した裁判例(秋田地裁平成22年9月24日) (2010-10-02)
特商法・割販法における「営業のために若しくは営業として」の意味内容 (2010-09-11)
30年拘束リスクのある為替連動型仕組債の勧誘について錯誤無効が認められた事例 (2010-09-09)
企業ポイントを考えるシンポ・神戸で開催 (2010-03-01)
消費者弁護士・消費者行政のいまやるべきこと (2010-02-12)
未公開株の詐欺的商法に関する裁判例 (2010-02-02)
2ページ目/2ページ | 前ページへ