ホーム
弁護士紹介
事務所概要
相談・依頼
顧問弁護士について
アクセス
平田元秀ブログ
吉谷健一ブログ
市民の法律相談室
doyou
horitu
問い合わせ
logo
管理画面へ
●最近の重要裁判例
交通事故に関する最近の重要な最高裁判例その他の判例を紹介します。
 
  症状固定認定手続から訴訟提起までを一連一体の請求行為と捉え除斥期間の適用を排除した裁判例
  水戸地裁下妻支部平成25年10月11日・判例時報2222号83頁
   
  【判旨】

●交通事故相談のイロハ
 当事務所の弁護士は,被害者側の立場で,数多くの交通事故処理を行っています。ご相談の前に,交通事故相談のイロハについて見ておきましょう。
 
  1 交通事故相談 最初の一歩
  交通事故相談の最初の一歩についてお話しします。
   
  交通事故の損害項目について
  何を用意するとよいか。

  2 交通事故の損害認定の基本的な考え方について
  ここでは交通事故の損害認定のいわゆる弁護士基準について,日弁連交通事故相談センター東京支部のいわゆる「赤い本」に準拠して紹介します。
   
  ① 治療関係費(その1 治療費等)
  ・ 症状固定後の治療費
  ① 治療関係費(その2 入通院交通費)
  ① 治療関係費(その3 入院雑費 付添費用)
  ② 休業損害(その1 休業損害)
  ② 休業損害(その2 生徒等の学費・保育費・通学付添等)
  ③ 傷害慰謝料(入通院慰謝料)
  ④ 後遺症逸失利益
  ⑤ 後遺症慰謝料
  ・ 将来の治療関係費(装具・器具,家屋等改造費など)
  ・ 将来介護費
  ・ 葬儀関係費用