ホーム
弁護士紹介
事務所概要
相談・依頼
顧問弁護士について
アクセス
平田元秀ブログ
吉谷健一ブログ
市民の法律相談室
doyou
horitu
問い合わせ
logo
管理画面へ
1 遺言を作成するメリット
遺言の果たす役割について説明します。
 
  遺言を作成するメリット(遺産分割のルール)
   民法は,遺産分割について色々な規定を設けてあります。  しかし,遺産は元々被相続人の財産ですから,どう分割するかについては,被相続人の意思が尊重されるべきでしょう。  このような被相続人の意思を書面に残す方法が,遺言であり,民法上のルールよりも優先されることになります。  自分の財産の処分について意思を示しておくためにも,死後に相続争いを招かないためにも,遺言の作成がお薦めです。
   

2 遺言の種類について
民法上定められている遺言の方式の種類と,各遺言の内容について説明しています。
 
  遺言の種類について
  遺言には,自筆証書遺言,公正証書遺言,秘密証書遺言の3種類あります。 それぞれの特徴,メリット・デメリットについて説明します。
   
  ⑴ 自筆証書遺言
  ⑵ 秘密証書遺言
  ⑶ 公正証書遺言

3 遺留分
遺留分という制度について説明しています。
 
  遺留分という制度
  相続人の相続分のうち,民法上,遺言をもってしても奪うことのできない部分について定められているのが,遺留分という制度です。
   
  遺留分とは

4 相続人の範囲
民法上定められている相続人の範囲について説明します。
 
  法定相続人の範囲について
   有効な遺言が存在しない場合,民法上のルールに従って遺産分割を進めていくことになりますが,民法上では相続人の範囲についてどのように定められているのでしょうか。
   
  ⑴ 血族
  ⑵ 配偶者相続人
  ⑶ 代襲相続

5 相続分
 民法上,各法定相続人の相続分についてどのように定めてあるのでしょうか。
 
  法定相続分の定めについて
   民法では,各法定相続分の法定相続分を定めています。近時,法律改正のあった,嫡出でない子の法定相続分についても解説します。
   
  ⑴ 法定相続分
  ⑵ 嫡出でない子の法定相続分

6 遺産の取扱いについて
 遺産には,様々な類型の財産が考えられますが,それぞれどのように取り扱われるのが法律実務か解説しています。
 
  遺産の取扱いをどのようにするか
  遺産となる財産ごとに,遺産分割における取扱いについて説明します。また,被相続人の債務の取扱いについても説明します。
   
  ⑴ 預貯金
  ⑵ 不動産賃借権
  ⑶ 遺産となる不動産
  ⑷ 生命保険金
  ⑸ 金銭債務

7 特別受益と寄与分
民法上定められている,特別受益と寄与分という制度について説明します。
 
  特別受益と寄与分とは
   民法上のルールに従って,法定相続分どおりに遺産分割するだけでは,公平に解決できない場合もありえます。そのような場合についての解決策として,民法上では特別受益と寄与分という制度が設けられています。
   
  ⑴ 特別受益
  ⑵ 寄与分

●公正証書遺言の存否確認について
公正証書遺言があるかどうか分からないときは公証役場で確認しましょう。
 
  遺言検索システム
   あなたが,法定相続人であれば,被相続人の公正証書遺言で,平成元年以降に作成されたものは,全国の公証人が利用できる「遺言検索システム」により調べることができます。
   
  遺言検索システム

●最近の重要裁判例
遺産分割・相続に関する,最近の重要な最高裁判例その他の裁判例を紹介します。
 
  * 投資信託及び個人向け国債は相続により当然分割されないとした判例
  最高裁(3小)平成26年2月25日判決・判例時報2222号53頁
   
  【判旨】

  * 預貯金も遺産分割の対象に 
   最高裁大法廷平成28年12月19日決定 (最判(三小)平成16年4月20日のその他の判例を変更)
   
  【判旨】

●相続に関すること
丁寧な対応をしてくれる姫路の法律事務所で相続相談を
姫路で相続相談などを承るひめじ市民法律事務所で