ホーム
弁護士紹介
事務所概要
相談・依頼
顧問弁護士について
アクセス
平田元秀ブログ
吉谷健一ブログ
市民の法律相談室
doyou
horitu
問い合わせ
logo
管理画面へ
婚姻費用

1 婚姻費用とは

夫婦は,自分の生活を維持するのと同程度の生活を維持させる義務を負うものと考えられていて,このような義務から,夫婦双方の収入を考えて,通常は収入の多い夫から収入の少ない妻に金銭を支払うことになります。

養育費は,離婚後に子どもの養育の費用を分担してもらう問題ですが,婚姻費用は,離婚前の別居の段階において,妻の生活費と子どもの養育の費用を分担してもらう問題と考えると分かりやすいかも知れません。

 

2 いつの時点からの婚姻費用を支払ってもらえるのか

婚姻費用の支払義務は通常は別居時に発生すると考えられます。

しかし,この考え方からすると,別居後何年も経ってから,いきなりまとめて何年分もの婚姻費用を請求できることになりかねません。

そこで,義務者が任意に支払いに応じない場合には,権利者が請求したときから支払義務が生じるとする扱いが多いようです。

もっとも,その場合でも,財産分与において過去の未払いの婚姻費用を考慮してもらうことは可能です。

 

3 どうやって金額を決めるのか

 お互いの話し合いで決まればそれでいいのですが,話し合いがまとまらない場合,家庭裁判所に調停を申し立てることになります。

 家庭裁判所では,算定表というものに基づいて,夫婦双方の収入をあてはめて,婚姻費用の支払額を決定します。この算定表は,裁判所のホームページにも掲載されていますので,参照ください。

 夫婦双方の収入を把握するために,源泉徴収票や給与明細などの提出を求められることになります。

 裁判所では,算定表により算定された額が基準とされることが多いですが,便宜的に作成されたものであって,必ず従わなければならない唯一絶対の基準というわけではありません。考慮してもらいたい事情などあれば,弁護士にご相談ください。