ホーム
弁護士紹介
事務所概要
相談・依頼
顧問弁護士について
アクセス
平田元秀ブログ
吉谷健一ブログ
市民の法律相談室
doyou
horitu
問い合わせ
logo
管理画面へ
離婚の際に決めるべきこと

離婚するときには,色々と決めなければいけない事があります。

具体的には,どういうことを決めていくのでしょうか?

1 子どものこと

民法では,夫婦間に未成年の子がいる場合,離婚する際に親権者を決めなければならないことになっています。

また,親権者とならない親が子どもと定期的に会いたいという場合,子どもとの面会交流の内容について決めるのが一般的でしょう。

子どもを養育する費用として,親権者とならない相手方に養育費の分担を求めることもよくあります。

子どもへの愛情が強い分だけ,どちらが子どもの親権を持つのか,子どもとの面会をどういう形で実現していくのか,離婚となると揉めやすいポイントです。

2 財産のこと

夫婦が婚姻中に築いてきた財産をどう分割するかという財産分与の問題があります。夫が稼いできた給料であっても,夫婦で協力して稼いだものとして分けてもらうことができたりします。

また,夫婦別居中で,夫だけ働いて稼いでいるのに生活費をもらっていないというような場合,結婚生活を維持する費用として婚姻費用の分担を求めることが考えられます。

さらに,夫婦の一方のみが働き,厚生年金保険等の被用者年金の被保険者等となっている夫婦が離婚した場合,婚姻中働いていなかった一方配偶者が働いていた他方配偶者の標準報酬等の分割を受けることができるという,離婚時年金分割制度もあります。

その他,相手配偶者が第三者と浮気している場合など,離婚慰謝料を請求することなども考えられます。