ホーム
弁護士紹介
事務所概要
相談・依頼
顧問弁護士について
アクセス
平田元秀ブログ
吉谷健一ブログ
市民の法律相談室
doyou
horitu
問い合わせ
logo
管理画面へ
労災保険について

1.労災保険とは

  • 労災保険とは,業務上災害又は通勤災害により,労働者が負傷した場合,疾病にかかった場合,障害が残った場合,死亡した場合などについて,被災労働者又はその遺族に対し保険給付を行う制度です。労働者災害補償保険法(以下「労災保険法」)に基づく制度です。

2.業務上災害に対する補償義務

  • 業務上災害とは,労働者が就業中に,業務が原因となって発生した災害をいいます。
  • 業務上災害については,労働基準法に,使用者が療養補償その他の補償をしなければならないと定められています(労基法75条)。

3.労災保険制度

  • そこで,労働者が確実に補償を受けられるようにするため,及び事業主の補償負担の軽減のために労災保険制度が設けられています。
  •  労働者とは,正社員のみならずパート,アルバイト等,使用されて賃金を支給される方すべてをいいます。
  • 労災保険法上,労働者を一人でも使用する場合には強制的に適用事業とすることとし(労災保険法3条),被災労働者が労災保険による補償給付を受けた場合は,使用者は労働基準法の補償義務を免除されることとされています。
  • そこで,労働者を一人でも使用する事業は労災保険法の適用を受けるので,労災保険加入の手続をとり,保険料を納付しなければなりません。保険料は全額事業主負担です。
  • 適用事業場に使用されている労働者であれば誰でも,業務上災害又は通勤災害により負傷等をした場合は保険給付を受けることができます。

4.健康保険との関係

  •   労働者の負傷,疾病等に対する保険制度としては,労災保険のほかに健康保険があります。しかし,健康保険法では,労働者の業務以外の事由による疾病,負傷,死亡等に関して保険給付を行うと定められていますので(健康保険法附則3条),業務上災害については,健康保険による給付を受けること(健康保険被保険者証を提示して治療を受けるなど)はできません。