ホーム
弁護士紹介
事務所概要
相談・依頼
顧問弁護士について
アクセス
平田元秀ブログ
吉谷健一ブログ
市民の法律相談室
doyou
horitu
問い合わせ
logo
管理画面へ
【相談】

 私は,長年,マンションの管理組合の理事長をしております。
 マンションは昭和50年新築の12階建てで,マンションの専有部分の戸数は300戸あります。

 管理組合では,近時,マンション共用部分や共用施設の維持管理のために行う細々とした修繕工事を毎年のように行っているのですが,この度,マンションの1室の所有者である組合員の1人から,修繕工事代金の決め方や工事業者の選定の仕方に疑問があるとして,組合員名簿,過去5年分の総会及び理事会の議事録,会計帳簿,什器備品台帳,会計帳簿の工事関係見積書等裏付け資料の閲覧と写真撮影の請求がありました。

 組合の管理規約には,組合員の請求があった時は,①会計帳簿,②什器備品台帳,③組合員名簿を閲覧させなければならない旨の規定があります。

 以上を前提に,次の点をご相談したいと思います。

 

  1.  組合員名簿の閲覧に応じる必要はありますか。組合員の個人情報を守るという観点から開示を拒否できませんか。
  2.  会計帳簿,什器備品代町のほか,規約には載っていない工事関係見積書等の会計帳簿裏付け資料の閲覧に応じる必要がありますか。
  3.  総会及び理事会の議事録の閲覧には応じる必要がありますか。
  4.  閲覧のほか,これらの書類の写真撮影に応じる必要がありますか。