ホーム
弁護士紹介
事務所概要
相談・依頼
顧問弁護士について
アクセス
平田元秀ブログ
吉谷健一ブログ
市民の法律相談室
doyou
horitu
問い合わせ
logo
管理画面へ
⑴ 血族

 血族が相続人となる場合には,民法上順位が付されており,先順位の血族がいないときに,はじめて後順位の血族が相続人となります。

① 第1順位の相続人

第1順位の相続人は,被相続人の子または,その代襲相続人である直系卑属です(民法887条1項・2項)。

子は,実子のほか養子も含みます。

普通養子の場合には,特別養子の場合と異なり,養子となっても実方血族との親族関係は断絶しないので,養親を被相続人とする相続が発生するほか,実親を被相続人とする相続も発生します。

② 第2順位

第2順位の相続人は,被相続人の直系尊属です(民法889条1項1号)。

上に述べたとおり,被相続人に第1順位の相続人である子及び直系卑属がないときに,はじめて相続資格が発生します。

親等(しんとう)の異なる直系尊属の間では,親等の近い者が相続資格を取得し,それ以外の直系尊属は相続資格を取得しません(民法889条1項1号ただし書)。

例えば,被相続人に父および祖父が存在する場合,父が相続人となり,祖父は相続人とはなりません。

③ 第3順位

第3順位の相続人は,被相続人の兄弟姉妹です(民法889条1項2号)。

父母双方を同じくする兄弟姉妹(「全血」の兄弟姉妹)のほか,一方しか同じくしない兄弟姉妹(「半血」の兄弟姉妹)にも相続権があります。

*1 兄弟姉妹の代襲者にも相続権があります(民法889条2項,887条2項)

*2 兄弟姉妹には遺留分はありません(民法1028条)。

*3 半血の兄弟姉妹の法定相続分は全血の兄弟姉妹の半分です(民法900条4号ただし書後段)。