ホーム
弁護士紹介
事務所概要
相談・依頼
顧問弁護士について
アクセス
平田元秀ブログ
吉谷健一ブログ
市民の法律相談室
doyou
horitu
問い合わせ
logo
管理画面へ
⑴ 特別受益

 たとえば,ある相続人が被相続人から大学進学の学費や結婚式のお金を出してもらったりする場合,これを遺産の前渡しとみて,遺産に組み戻して計算する場合があります。これを特別受益といいます。

  具体的な相続分の計算としては,まず遺贈分を含めて被相続人の死亡時の全財産に特別受益に該当する生前贈与の価額を加えて(持戻し),その合計額をもって相続財産とします(みなし相続財産)。

  これを基礎として,法定相続分に従って,各相続人の本来取得すべき一応の相続分を算出し,特別受益者となる相続人については,この一応の相続分から特別受益分を控除した残額が現実に受けるべき相続分となります。

  持戻しの際に問題となる被相続人の全財産や特別受益の価額については,相続開始時の時価で評価されることになっています。