ホーム
弁護士紹介
事務所概要
相談・依頼
顧問弁護士について
アクセス
平田元秀ブログ
吉谷健一ブログ
市民の法律相談室
doyou
horitu
問い合わせ
logo
管理画面へ
⑴ 預貯金

預貯金債権は,相続開始と同時に,遺産分割協議等を経ず当然に,法定相続分に応じて分割して各相続人に帰属するとするのが判例です。

しかし,銀行は,遺産分割協議書や相続人全員の同意書など持ってこないと,払戻しに応じない扱いにしています。これを預金口座の凍結といいます。

口座凍結の時期については,役所と金融機関との間で情報が共有されているわけではなく,死亡届が出されたら金融機関に連絡が回るというわけではありません。相続人からの連絡があったり,新聞のお悔やみ欄で知ったりして,金融機関が事実上死亡の事実を把握した時から口座凍結されることになります。

銀行としては,二重払いの危険は避けたいですし,相続争いに巻き込まれるのを嫌いますから,頑なに払戻しに応じません。遺産分割協議がまとまらないうちに預金を払い戻してもらおうとすれば,基本的には訴訟を起こすしかないのが現状です。