ホーム
弁護士紹介
事務所概要
相談・依頼
顧問弁護士について
アクセス
平田元秀ブログ
吉谷健一ブログ
市民の法律相談室
doyou
horitu
問い合わせ
logo
管理画面へ
4 起訴

 勾留期間内に,検察官は被疑者を起訴するか不起訴にするかを決定します。起訴するかどうかを決定する権限は検察官のみが持っています。

 起訴とは,検察官が裁判所に対し特定の刑事事件について審判を求めることをいいますが,その中には,公判請求および略式命令請求があります。

 公判請求とは,検察官が裁判所に対し,通常の公開の法廷での裁判を求めることをいいます。

 略式命令請求とは,検察官が裁判所に対し,通常の公開の法廷での裁判を経ないで,検察官が提出する証拠のみを審査して百万円以下の罰金又は科料(千円以上一万円未満の金銭的罰則)を科す簡易な裁判を求めることをいいます。この請求をするにはあらかじめ被疑者の同意が必要となります。

 一方,不起訴となった場合には釈放されることになります。